交通事故解決事例

  • HOME>
  • 交通事故解決事例

交通事故解決事例

01

事故直後のご相談により夫婦そろって後遺障害等級に認定

概要

夫婦ともにお車に乗っていたところ、加害者の車に衝突されて交通事故に遭遇。
事故直後、加害者側の保険会社が弁護士を就け、事故が軽微との理由から事故後1ヶ月程度で治療費の支払いを打ち切るとの通達を受けました。
これに納得がいかなかったご夫婦は、事故から2週間後と早期に当事務所へご相談になられました。

解決

事故直後のご相談が功を奏して、早期から適切なサポートを行うことができたため、ご夫婦そろって後遺障害14級を獲得することができました。
ご夫婦そろって後遺障害等級が認定されるケースは非常に稀で、ご夫婦は「軽微な事故と相手側の弁護士から言われていたのに…こんなことがあるのですね」と驚いておられました。

02

弁護士への依頼で慰謝料・示談金が約5倍に増額

概要

ご依頼者様は後部座席に乗車中に追突を受けて頸椎捻挫などの傷害を負って半年ほど通院。
後遺障害等級認定を申請して12級を獲得し、加害者側の保険会社から約700万円の慰謝料・示談金の提示を受けました。
ですが、ご依頼様はこの金額に納得がいかず、当事務所へご相談いただきました。

解決

ご依頼者様から詳しく事故状況をおうかがいし、主治医とも相談し書類等を準備して異議申立てを行ったところ、後遺障害等級9級を獲得することができました。
これに基づいて加害者側の保険会社と交渉したものの、提示金額は約1,800万円で、これも到底納得のいく金額ではなかったため、粘り強く交渉を続けて訴訟も見越してサポートを行った結果、3,700万円で示談となり、最初の金額から約5倍に増額させることができました。

03

過失割合をめぐる紛争を早期解決

概要

過失割合をめぐって加害者側と争いになり、なかなか話し合いがまとまらず示談が成立しないため、当事務所へご相談いただきました。

解決

まずは事故現場を調査し、こちらの主張を正当なものと裏付ける証拠集めを行いました。
また、過去の裁判例からこちらが主張する過失割合が正当化できるものを見つけ出し、それらを揃えて資料として保険会社へ通達。
その結果、こちら側の主張を全面的に認める形となり、受任から2ヶ月程度と早期解決することができました。

0742-53-8008

お問い
合わせ